がんばれ藍ちゃん!
頑張れ!日本!頑張れ!藍ちゃん!ゴルフを中心にバンビの日常を折り込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北陸家族コンペに向けての最終練習
 昨日は、練習に行ってきました。

 練習球は180球でした。

 最近は、なぜか180球以上打つ元気がありません。

 完全に足腰が弱っている様子。 フラフラ

 体調もよくありません。


画像 003





 5月の北陸へのお楽しみコンペはゆっくり大好きな温泉につかって
のんびりするのがゴルフの調整とともにすごく楽しみです。

 
スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

こんなん食べてきました~(^_-)-☆
 前回のブログでのゴルフの続きです。

 ゴルフの帰り、フランス料理をいただいてきましたよ。

 ゴルフの帰りはフランス料理より鉄板焼きや焼肉が定番ですが、わが家はフレンチです。

 ファミリーゴルフは、前から打つし、カートも乗るし、父と母も若くないので、脂っこいのはイマイチらしいので自然とフレンチになります。

 私がゴルフやりたてのころは、走りまくり、うちまくりで、心身ともにクタクタで、父も母も若かったので、宝塚ホテルの鉄板焼きをはじめ鉄板焼きめぐりをしたり、近江牛しゃぶしゃぶなんかも食べさせてくれましたよね。おいしかった~

 食べてる途中で疲れて寝ちゃったりして~でも、それがあったから、がんばってゴルフ続けられてたのかもね~。  父親に感謝

 場所は今回はANA(全日空)ホテルのレストランローズルーム。向こうのお客様は外人さん。
 ちょっとボケた写真でごめんなさい。
 

ローズルーム




 こんなおしゃれな心にくい演出。

画像 074




 お料理は。。。まず、オードブル

 

画像 0751




 フォアグラとお野菜のマリネ

photo1.jpg




オマール海老

 

画像 07711




お肉料理

 

画像 0731




 デザート


画像 0791




 コーヒー、紅茶、ジャスミンティーも付いています。

 これが高くないです。機会があれば、是非行ってみて~。でも、このレストランは席数が多くないので、予約して行ったほうがいいです。ANAホテルは二条城前の国際ホテルの隣にあります。

ワインもおいしいですよ。
                            





[こんなん食べてきました~(^_-)-☆]の続きを読む

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

初めての第2名神高速道路
 先日15日、2月23日に晴れて開通した関西のゴルファーが待ちにまった(予定より8年遅れ)第二名神高速道路を使って今年初めてのゴルフにいってまいりました。メンバーはおきまりのファミリーゴルフ。第二名神高速は、滋賀県のゴルフ銀座ともいわれるゴルフ場がたくさんあるところに通っているのでゴルフ場までの距離が山の中を走るよりずっと近くなります。バンビも今のゴルフ場のメンバーになったのも第二名神が開通するという事で入会したのですが、予定より8年もかかってしまいホームコースへ行くのがおっくうになっていた原因でもありました。これで30分(無理かな)は短縮できそうです。  いらない道路を作るのは絶対反対だけれど、第二名神開通は滋賀県の人の交通やゴルフ場が活発になる事で活性化にもつながりとてもおめでたいことだと思います。

 新しい高速道路はとてもワクワクします。

 まず、名神高速道路から入ります。

画像 080




画像 081



画像 083




 名物の橋があります。大きそうですがそんな大きくはないです。でも、いい感じです。

画像 085



画像 087




 橋を渡ると、今度は長い長いトンネルです。。。きっと今までこのトンネルの山を走ってゴルファーさんはゴルフ場まで行っていたんでしょうね。  お疲れ様~

画像 089




 信楽焼きで有名な信楽ICです。  ポンポン

画像 086




 ゴルフ場はセンチュリー滋賀GCです。
 ゴルフの調子は続きで。。。

 
[初めての第2名神高速道路]の続きを読む

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

かっこいいなぁ。マスターズ優勝者。
 第72回マスターズが終わりました。今年の優勝者は28歳のMr.トレバー・イメルマンでした。「ちょっと、プレースタイルがゲーリープレーヤーみたいだなぁ」と思っていたら、やっぱりゲーリープレーヤーと親交があるという事でした。フムフム。。。優勝者が18番グリーンに上がるときは、毎年の事ながら、すごくかっこいいです。隣でそれを観ていた父がひとこと「わし、これがしたかってん~」だって。。。
 
 競技ゴルフで活躍する人って、私みたいな甘い考えでゴルフしていないんだろうなぁと最近すごくわかってきたつもり。。。でもゴルフは楽しくしていきたいね。

 明日は、なんと、5ヶ月ぶりのゴルフです。NEWアイアンが上手くコースで打てるのだろうかとか不安です~。
 
 でもフランス料理を予約してあるので一日楽しんできます~。早くねよっ。。。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

ゴルフの思い出2
 ゴルファーなら誰でも毎年楽しみにしているマスターズトーナメントが、オーガスタ・ナショナルGC(7445ヤード、パー72)で開催されます。今年で72回目です。

マスターズトーナメントには、ドラマがあって終わった後には感動が心に残ります。そこが他のメジャートーナメントと違うところで、ゴルフの原点が(ゴルフとは云々)あるような気がします。第59回の1995年のマスターズトーナメントにはバンビにとって思い出深いものがあります。優勝したのは、決して若くはない44歳のベン クレンショウ。パットの名手といわれたクレンショウがPGAのパットランキング69位という不調でマスターズトーナメントを2週間とせまったある日、6歳の時からゴルフの手ほどきを受けた90歳の病床の師匠ハビー ペ二ックを見舞った際、彼がガレージから古いパターを持ってきて、カーペットの上で素振りしてこういったそうです。『クラブヘッドは決してボールを追い越してはいけない。頭の中で完璧なパットを思い描きなさい。直感をしんじなさい。ベンらしいプレーをしなさい。一生懸命プレーをしなさい。そして目標を持ちなさい。』。。。と、そしてマスターズ開催4日前に彼は生涯を閉じました。マスターズ初日の前日、彼の葬儀に参列しオーガスタに戻った彼に悲しみと静けさが彼の精神に宿り、彼を優勝へとみちびきました。ウィニングパットを沈めた彼は、グリーン上でうずくまり泣き崩れてしまいました。喜びの涙というより悲しみの涙にパトロン(ギャラリー)の皆もおどろいていたことでしょう。。。

 その時のベン クレンショウのインタビューで「あの週、私のバッグには15番目のクラブが入っていた。。。それは、ミスターぺニックだった。」と。。。


 

画像 067




  続きを見てね 
[ゴルフの思い出2]の続きを読む

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

思い出1
 現在、LPGAツアー第4戦『ヤマハレディースオープン葛城』が葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,523Yards Par72)で行われています。このコースでは、ある思い出があります。その人は肥後かおりプロです。1994年の5月のある月曜日、バンビ一家は、葛城ゴルフクラブの山名コースをラウンドしました。素晴らしいコースで、当時お世辞にも決して上手いとはいえなかったバンビではありましたが、その素晴らしいコースにますますゴルフへの意欲がわいてきたのを覚えています。大好きなコースです。結果オーライのゆるされないグリーンまわり。ビシバシ打てる広いフェアウェイ。ウェアウェイの芝がすごい!フカフカの絨緞の上を歩いているような感じで、アイアンショットがビシバシ打てるあの感じでは、雨が降ってもたぶん靴は、芝や泥がつかないでしょう。

 その葛城コースの朝の練習場にて、まだ1勝しかしていなかったあどけない肥後かおりプロがいたのです。研修生達と一緒にアイスキャンディをペロペロとおいしそうに食べていました。あのトレードマークのキャップをボーイッシュに被って、、、子供っぽいところがチャーミングでした。
 私は肥後かおりプロの事は知りませんでしたが、父に教えてもらいました。
 「ふーン」と思って見ていましたが、不思議な事に彼女の後ろ姿に白い光が後光のようにサンサンと輝いているののがみえたんです。目の錯覚かなと思ったんですが、第6感で「この人は将来、女子プロ界の中心になっていくようなプロになるわ。」と思ったんです。そうしたら、その週末の試合で2勝目を飾り、その後は飛ぶ鳥の勢いで勝ち星を上げていきました。

 今回はその葛城ゴルフクラブで是非活躍してほしかったな~

 また行きたいな~藤の花が綺麗な葛城ゴルフクラブ。


 

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

2年間だったけれど、ありがとう。
 2年間だったけれど、ありがとう。

 なんのことでしょう

 ブログではないですよ

 お仕事のことです。

 いろいろあったけれど、充実した2年間でした。

 茨木校では、素敵な先輩達にも出会えたし。。。

 理由は、通勤による体調です。

 京都から高槻では片道1時間半もかかります。そして、夜勤の多い私は、最終バスにもいつも逃げられ、父親に駅まで愛車に迎えに来てもらっていました~

 でも若くない父にいつまでもそんなことしてもらうわけにもいかないし。。。ネ

 学院長に3月27日に申し入れたんだけれど、今だ、はっきり受理のお返事がないのです~

 こうやって、自分自身の節目を、ブログに公開することによって、心の決着をつけようと思います。

 ありがとうございました。  縁あって、私のお客さんになってくださった方達、暖かい茨城校の先輩達、そして、こんな私に仕事の機会をあたえてくださった会社と知り合った先輩や一緒に仕事をした同僚の方。

 特に茨木校の先輩には、申し訳ない気持ちがあります。今はかつての学院だけれど、ずっと覚えています。

 ありがとう。

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。