がんばれ藍ちゃん!
頑張れ!日本!頑張れ!藍ちゃん!ゴルフを中心にバンビの日常を折り込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調停
昨日、調停に行きました。

場所は、堺家庭裁判所です。

どうして京都から、堺まで行かなければならないかと言うと、父の実家だからです。

相手方は、父の実兄です。
相手は、社会的に地位のある人です。
こちらは、何もありません。
あるのは、家族愛と団結と、父から生きるすべを全て学んだ知恵だけです。

どちらが勝つのか?
この勝敗が、日本の社会のありかたを私に教えてくれる、そんな気がします。

調停は、いつものごとく、相手方の話を聞いた調停委員が、こちらに伝えて、こちらが答えるというマンネリムード。
相手方と相手方の弁護士と顔を合わせる事はありません。

相手方は、社会的立場とはうらはらに、ウソを並べてきます。

相手方は、父の書置きが偽装文と言います。
そのウソを、調停委員が、まじめに聞いています。
一か所、ただ羽曳野の曳の字に点が打ってあるというだけで。
誰が偽装するねん!
私の弁護士さんは、良くしてくれますが、伯父の事を、思い込みが激しい人と言います。
思い込みではない。長い期間、考えていた犯罪に近い行為である。

今回でわかったのは、事実を一番良くわかっているのは、私だけであるという事でした。

帰りは、

私がいま、最もお気に入りの場所へ。

道頓堀です。

     道頓堀20724 (2)

道頓堀祭りも行われていて、楽しかったです。
    道頓堀0724

父が、商売をしていた時、定休日には、よく連れてきてくれました。

グリコの看板を見て、「グリコ、グリコ」と言っていました。
当時は、看板に、電球を当てていたのですが、今ではLEDですね。











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。